2018年4月21日土曜日

2018年4月前半の釣り

まずはモルネ親父船頭の船でウムコマースから出船。前日からの凪でディープラインに行くかと思ったら同船してる小学生達が巻くの無理だから行かないと。そんな~(泣)。スコッツバラ沖のイングリッシュマンスポットで開始。水深は50mだ。いつものスロージギング+枝針のパドルテールワーム3.5インチで攻めるがエソ猛攻。オジサンが4匹来たのは嬉しいが、期待のハタは皆無。

ダレた頃に強烈なアタリが来た。ちょっと糸を出されたのを見たモルネ船頭が「船を回そうか?」と聞いてくれたが「大丈夫」と答えてファイト継続。中層でもぐいぐい引いて、ハタでないのは分かった。上がってきたのは70cmぐらいのカンパチだ。ついに狙ってた獲物が来たんだ。リーダーを持って抜き上げようとすると、隣の初心者客の道糸が僕の針に乗って、それが針外しの役目をしてカンパチをシュポッとリリースしてしまった。なんでやねん!隣の客はごめんねとか言ってたが、4年間狙い続けてついに来たカンパチ外しといてそれで済む問題ではないでしょ?あまりの落胆に数分間下を向いて沈黙。

その後は浅場に移動して子供達のサビキタイム。僕もワームバケでサビキを作って支援活動。鯛やカワハギが針の数だけ付いてきて、子供達はサメに獲物を盗られないように「巻け巻け」の声援を受けて大興奮。あぁカンパチ取りたかったな。深場行きたかったな

次はウィカス船頭の船でロッキーベイから出船。ここ数日は好転で毎日100mのディープラインに行って、ハタや大型ソルジャーが好調とのこと。「今日もデイープラインでハタ狙おう!」と。待ってました、久しぶりの深場で期待大。90mで開始。
この船はキャビンより後ろの両舷から竿を出すのでおまつりが絶えない。それを避けるため艫で一人で釣った。ボチボチとキレンコが釣れるが30㎝前後が主体で最大40cmだった。ハタが来ないかなーと大きめのフォールを混ぜて誘っていたらいい引きが来た。この辺でロージーとかピンキーと呼ばれる超高級魚オオヒメ50cm。

次は底より少し上で強烈なアタリ。よく引くし中層でもまた走る。前週のカンパチの再来かと思ったが上がってきたのは70㎝級のスマだった。ジグではなく枝針のワームに食っていた。抜き上げようとするとスマが反転して海へ帰っていった。なんでやねん!よく見ると針が折れていた。一人艫で失意に沈む。

次、何度も落としてラインが斜めになって最後のフォールに来たのはソルジャー43cm。ディープライナーのジグ、効くね。風で船が流されて深場がやりにくくなってきて水深70mに移ったがここは外れ。僕が35cmのスリンガーを釣っただけで、結局は撤収となった。食わなかったハタと逃がしたスマが惜しまれるが、深場に来れればそれなりの釣果という公式は証明された。次はいつ深場に行けるんだか。

2018年4月19日木曜日

2018年3月後半先細り

Kittyさんとシェリービーチへ向かった。まずはトローリング。艫に呼ばれたKittyさんが巻くと、サバサイズのカツオがぴろんと付いていて皆爆笑。「お前次のアタリも巻け」と同情が集まった。僕はミヨシでジギング。早速底のほうで掛けたがサワラだったのか途中で歯で切られてしまった。次の停船時には59cmをジギングで釣ってKittyさんに「これがカツオだぜ」と見せびらかす。悶絶したKittyさんもトローリングで同型カツオを上げて戻ってきた。しかしその時僕は80mの海底からキハダ65cmをジギングで追加していた。「面白そ~、やらせて」というKittyさんに竿を渡し、ワンピッチジャークをやってもらう。Kittyさんは「え~!こんなに早く巻くの?スローと全然違う!」とややぎこちなくシャクってるうちにズドンと来た。いつもそうなのだが魚が掛かるとゼエゼエ言って苦しそうなKittyさんに声援が飛ぶ。円を描いて65cmのキハダが上がってきた。Kittyさんは「これトローリングより全然面白いですね」とご満悦。これからトローリング停船時ジギングに沼入りするかも。

後半ボトムフィッシングは2人並んでジギング。餌釣り師達の好調を横目で見ながら不振。僕がようやくスコッツマンの46cmと40cmにソルジャー、Kittyさんはスリンガー数匹のみ。前半の貯金で何とか帰れた釣行だったね。

次は単独でウムコマースからディラン若船頭の操船で出た。スコッツバラ沖の40mだちで開始。最初から元気な引きでヒメフエダイ35cmが釣れて幸先良しと思ったが、釣果はどんどん先細り。波風がないので深場に行こうと提案したが、初心者3人が同船してるので無理とのこと。その上、まさかの11時納竿になんでやねん!煮え切らない釣行の帰りに洗車した時に、ガソリンスタンドの兄ちゃんに魚を全部上げて、午後は寝て過ごした。

そして月末の31日 、マグロが釣れまくっているシェリービーチに予約を入れていた。ついに無風凪の予報。前夜楽しみで楽しみで寝られるわけない。ところが何と目覚ましの設定ミスで鳴らず寝坊。起きた時はすでに出船1時間前。うちから車で2時間かかるのにもう無理無理。泣く泣く船賃払ってドタキャン。もうホンマに3月の先細りは尋常ではなかったね。はぁ情けない。

2018年4月17日火曜日

2018年 2月~3月釣行拾遺集

まずはウムコマースへKittyさんFJさんと3人で釣行。ディラン若船頭が排水パイプライン沿いにトローリングしてから北方向水深51mを攻めた。波があり二人は船酔いで苦しい戦い。やっと魚を掛けてもサメの餌食。大事なジグを4つサメに持っていかれてしまった。若船頭はまだポイントを知らず、釣れなくてもそこで粘るので釣果伸びず、僕はシモフリハタ3匹のみ。ほぼ記録抹消の一日となった。

次はシェリービーチにKittyさん・Kさんと3人で行った。この日のトローリングはよく群れにあたり、Kさんがカツオ、Kittyさんがキハダを釣ったが、簡単すぎて面白くないと。まあ、トローリングは竿を渡されるのが大分魚が走った後だからね。僕はジギングで4回掛けて、70㎝キハダを1匹、北川さんに1匹竿を譲って1匹、あと2回はサメにジグごと切られた。うち1回は10㎏級の手応えだったのに残念。
ボトムでは、ジギングの僕とKittyさんはオジサンと放流基準未満の鯛類などで不振。

Kさんはエサでイングリッシュマンやスリンガーを上げて次々と魚をクーラーへ。上がってからの鮮魚宴会は非常に盛り上がったとのこと。
この後1か月ほど日本にいて、戻ってすぐ行ったのがロッキーベイ、これは失敗だった。ジギングで挑んで良型5匹を悉くサメに持っていかれた。お土産はオジサン4匹、シモフリハタ2匹(泣)。このようにじっと豊漁を待ってるのだが、長くなるのでこの辺で切っとくか。

2018年1月22日月曜日

南アフリカのジギング人口激増

初釣りはシェリービーチから出た。初同行が二人というのが嬉しい。Kittyさんは銛漁からの転戦、日本でジギング道具一式を新たに買い揃えてきた。Hさんは日本で使っていたジギング道具を南アに初投入。ご両名とも現地到着までは気合が入っていたが、例の臭くて不潔な貸ライフジャケットが顔や首に接触して一気にトーンダウン(笑)。ボートは霧のため30分遅れて出港した。
潮が冷たいからトローリングは無しらしい。それはいいが見たことのない代理船頭で、凪なのに沖に行こうとしない。リーフ内側の浅場でやるんだと。水深30m台。ジギング向きの場所じゃないなぁ。様子を見るためKittyさんが餌釣り、Hさんと僕がジギングで開始した。餌釣りは底にびっしりいる小鯛が次々食い、釣っては放しの繰り返し。ジギングは赤いエソがぼつぼつ掛かるだけ。

Hさんはスピニングタックルで多彩な誘いを掛けていた。「あれ?」と言いながら根掛かりを外したHさん、岩が魚に変わってギューンと走った。僕は「サメだサメだ」と囃し立て写真も撮らなかったのだが、実は岩に張り付いていた良型を引きはがしたのだ。上がったのは79cm·6kgのキャットフェイス·ロックコッド(猫顔ハタ)。ジグはスロースキップだった。Hさんやるなあ!小鯛を釣ってばかりの餌釣り師たちが驚嘆していた。これを見たKittyさん、餌ではカワハギやイングリッシュマンを釣っていたのだが、たまらずジギングにチェンジした。

3人並んでジグをシャクる。初めてのKittyさんには、ハンドル半回転を繰り返してジグを躍らせるよう頼んだ。エソ、スリンガー、オジサンなどが掛かるが3人とも低調。まあ浅場なので仕方ない。僕がKittyさんに「餌釣りに戻しましょうか」と言ったその時、Kittyさんの竿先がドスンと入った。チーッとドラグ音、良型のようだ。そんな苦しいはずはないのだが汗びっしょりで巻いたKittyさんが手にしたのは61cmのスコッツマン、最も美味しい鯛だ。コレまぐれじゃないのよ。なぜならKittyさんは立て続けに55cmのスコッツマンを上げたのだから。ジグはジャックアイスロー。

ということで南アジギング鮮烈デビューの同行者二人はご満悦で帰港した。Hさんは「あんな大きいハタは久しぶり」、Kittyさんは「I love jigging、ハマりました!」と。え?僕はって?41cmのシモフリハタが最大で、オジサン2匹、雑魚多数w。ホストが釣ってどうすんねんという言い訳も空しい貧果のうえ、快晴微風でしっかり日焼けした。でも楽しかったな。ジギング仲間が激増して(母集団が少ないのでw)今年の展開に光が差した、そんな初釣り。
Place : Shelly Beach, KZN, RSA
Fish : Catface Rockcod, Halfmoon Rockcod, Scotsman

2018年1月3日水曜日

謹賀新年2018

明けましておめでとうございます。今年もダーバンを拠点として南アフリカを釣ります。日本人同行者も増やして、たまには乗合ではなくフルチャーターで深場ジギングをやろうかなと。
週末の天候に恵まれず不漁が続いた2017年の分も取り返す予定です。あ、バッグリミット以内でw
本年もよろしくお願い申し上げます。

2017年12月31日日曜日

若船頭と納竿

12月24日、ウムコマース河口からフィレットチャーターズの午後船で出た。操船はディラン、17歳。この週に客を乗せての営業を始めたばかりの若船頭だ。ボートが海に出ていく時に親父船頭モルネが河口から手を振っていた。若船頭は果敢に波頭に突っ込みボートはジャンプして激しい着水。おぉぉ、若いなあ。ローンチはちょい怖かったが、沖は凪なので安心だ。

この日の午前中は潮が冷たくて不漁だったと。水深30m程の浅場で始めたが食いが悪い。新作のロッドはベラでデビュー(泣)。あとはモンガラ系がワームを食い千切るばかり。50m立ちではスリンガーやシモフリハタが少々、20mに戻るとアジ、サバ、シオ。こりゃサビキで餌を釣る場所だな。午後船は時間が短く、5時には帰港。これにて地味に静かに2017年の納竿とした。まあこんあもんじゃろ?

2017年12月23日土曜日

スロージギングロッド自作

大阪のマタギに行って買ったスロージギングロッドの自作用パーツあれこれ。。ブランクはT-RussellのTR64 Slow Jer-6、長さ6'4"、適合ジグ130g~350g、適合ラインPE1.5号~3号。今持っているスローのロッドは3番と4番で200g以上のジグで深場をシャクるのにパワー不足なので、6番が欲しかったのだ。

マタギの店員さんは希望のグリップとリングの色を僕に訊いてササッと揃えてくれた。ガイドは総ダブルフットのチタンフレーム。ステンレスで良かったのに、このせいで大幅に高くなって合計32,000円。だが出来合いのロッドを買うと5万円はするのでずっと安いのだ。ロッドビルディングそのものが楽しいしね。
さて家でガイド位置をあれこれ考えていたら、買った10個では物足りず、少し間隔を詰めて一番手前に手持ちのガイドを一個追加することにした。こいつだけ古いステンレス、まあよい。ガイド間隔は先から7・8・8・9・10・11・12・13・15・18cmで合計111cm、ダウンロック~竿尻は45cmに設定。
さあ組んでいこう。竿尻グリップは下巻きしてから固定。リールシートはアーバーだけではスカスカか…これも下巻き。一瞬位置を間違えて冷や汗かいたが無事設計位置にエポキシ固定。クッソ面倒なガイド仮止めを経てスレッド巻き、フレックスコート2回塗りして完成だ。

重量143g。真っ直ぐ並んだ11個のガイドの穴の向こうにアフリカの空が見える。魚が掛かっても「急角度で曲げると折れる」というジグ操作優先タイプのブランクだが、僕はリールファイトは好かん。ポッキーしたら泣きそうだが、6番クラスのパワーを信じて曲げてみるか。2018年より南アフリカの海で主力ロッドとして活躍の予定なので、ディープラインの大型対象魚さん達、覚悟しいや。

2017年12月11日月曜日

ウムコマースの深場を攻める

釣りが初めてのFJさんとウムコマースから出船した。船頭嫁ルネットと末っ子のマシューも同船だ。つまり貸切同然。船頭モルネが「どこにいく?昨日は南でイングリッシュマンとトマト(アザハタ)が良く釣れたぞ」っと訊いてきたが、微風凪の好条件に貸切とくれば深場しか無いでしょ。「北。ディープライン!」とお願いしてボートは沖へ沖へと向かった。釣り初めてのFJさんにいききなり110mはきついかなと思ったが、緩い潮と細い糸に助けられ彼は難なく底を取ることができた。あとは並んで「僕のやる通りやって」とスロージギングの巻きを見せただけ。FJさんはすぐにボート一番乗りのキレンコを釣って超ご機嫌。アタリは少ないが、めったに来られない場所であること、一発大物が来る可能性があることをFJさんに説明し、集中力を保ってもらおうとした。それは杞憂だった。

「重くて動かないんですけど」と首をかしげるFJさんの竿を受け取って巻こうとするとドドーンと引いた。「コレ魚!デカイ!」と竿を返却して巻かせる。糸を出されたりしながら徐々にリフトしてきたが、スルッと軽くなった。痛恨の大型バラシ。仕掛けをあげてみるとボロボロになったキレンコが付いていた。大型魚はキレンコを咥えていただけで針には掛かっていなかったのだ。次の瞬間、ルネットの竿先が海に突き刺さった。船頭モルネが交代してギアもドラグも無い1:1片軸受のスカボロリールを巻き上げる。110mの海底から現れたのは何とレッドスティーンブラス90cm。絶滅危惧種として長い間にわたり完全禁漁となっていた種類だ。モルネでさえ初めて釣ったという。モルネは「最初にFJに食って、食いそこなったのでルネットに食ったんだ。間違いないよw」と笑った。現在レッドスティーンブラスは季節限定で60cm以上1日匹のみ漁獲が許されている。

それまでキレンコを釣って喜んでいた僕も大物登場に居俄然気合が入り、海底のジグをクイクイッと踊らせる。来た~!アタリは強かったがあまり暴れないハタの引き。大きな円を描いて浮いたのはイヤゴハタ69cm・5.7kg。ディープラインはいいねえ。

その後ボートは水深80mラインに移動。フォールでキメジが釣れたり、掛け損なったハタを誘いまくって食わせたりと楽しい釣りが続いた。FJさんは船酔いと復活を繰り返していたが何とか釣りを楽しめた模様。末っ子のマシューが息を切らせてスリンガーを釣ったのが可愛かった。釣った魚でフィッシュ&チップスを食いに行こう!と帰途に就いたはいいが、買ったばかりのエンジンが片方壊れて船頭しょんぼり。ハイシーズンに間に合うよう早く修理してね。

フィッシュ&チップスは「まだ泳いでるぜ」と言われるほど新鮮で極上の味。持ち帰った魚のうちイヤゴハタは脂がたっぷり乗ってほっぺた落ちた。日本で買ったら1匹2万円ぐらいするの納得だね。さぁ、ディープライン専用ロッドが欲しくなってきたぞ!
place : Umkomaas, KZN, RSA

2017年11月30日木曜日

ロッキーベイ3連戦

11月後半、ロッキーベイのWotalotiotから3回出たお話。
第1戦。天気予報はいいのだが前日のうねりが残っていてビーチには大きな波が押し寄せていた。船頭たちはギャップができるかどうかじっと海を見ていた。30分ほど待って行けそうだと決断、まずはWyfieが波を越えて出て行った。後で聞いたがうねり高く食いが悪かったとのこと。次が僕らのボート。初めの波が越えられず左旋回して戻って再トライ、この繰り返しで20分程待ったがついにキャプテン・ウィカスは諦めた。つまり竿も出せずに帰還、無効試合で翌日順延ってこと。やれやれ。

第2戦、海穏やかで楽々ローンチ。ジギングから始めた。枝素を出していつものパドルテールワーム2.5インチを付ける。潮は速いが水深50mなので200gのジグで何とかなる。オジサンやメイチダイがワームに食ってくるがジグには食わんな。船頭と僕がオマツリ、解いてる間にぶら下がっているだけの僕のジグをサメが食ってロスト。何でやねん!後半は餌釣りでボツボツ30~40cmを追加。最後にドッカーンと今日イチのアタリと引きが来た。ウンウン言って巻いてる途中でゴゴーンとサメに食いつかれ、魚ごと全損。ホントがっくりで納竿してもた。直前直後にディアンとオードリーが60cm超のイングリッシュマンを釣ったので、僕のも同じ魚だったのだろう。サヨナラ負け。シュ~ン。

第3戦、凪のビーチから5:30出船。1週間空けたのに相変わらず冷たい緑色の潮で、ゲームフィッシュ狙いのトローリングはさっぱりだ。この日の底釣りはジグを封印して釣果の多い餌釣りに専念した。飢えた工場の同僚達に魚を届けなければならないのでね。第1投から43cmのイングリッシュマンが釣れてこれは行けると思ったが、昼までずっと食いが悪かった。4~5kgと思われる魚を2回掛けたが、2回とも途中でサメに丸のみされてパー(怒)。良かったのは、サメに下針の魚を食われながらも上針のウメイロ46cmをキャッチできたこと。最後の一投でも同型のウメイロを釣って、高級魚比率アップして納竿した。後日、内陸にある工場から「まさかアフリカでこんな美味しい刺身が食べられるとは」と驚きのお礼をもらった。第3戦はサプライズ勝利ということでw。

place : Rocky Bay, KZN, RSA