2016年2月16日火曜日

風に吹かれて魚屋さん

ヨハネスブルグのマサコさんとシェリービーチのRiptideで出港。見事なチューブを巻いた波を乗り越えて沖を目指した。
最近マグロ魚影が薄いため船頭は底物釣りを勧めたが、初めての客5人がトローリングを希望。
よし、魚影が薄いなら少しでも確率を上げようと、備え付けの4本に加えて僕もマイロッドでマイルアーを曳いた。
ナブラの上を通過すると僕の竿に初ヒット!ファーストランがギューン、サメがマグロ食ってスッコーン(泣)。
ルアーも一緒に丸ごとロスト。他客は獲ったのに…(号泣)。
マサコさんにはトローリングに食ってボートが止まればすぐにジギングをするように指示してあったが、ぼけーっと見物。
「あ、忘れてた」って、それじゃ釣れんがなw。
2度目のヒット時は僕らのジギングには食わず、掛けた客も全部サメにやられてしまった。残念!

実り少ないトローリングが終わってボトムフィッシングに転向。しかしその時にはもう風が強まっていた。
風速6m/秒ぐらいだが、ボートはスルスルと流され、底取りで糸を送り続けるので仕掛けは遥か前方へ。この繰返し。
マサコさんと僕に掛かるのは放流サイズが多い。マサコさんが釣った王者マッセルクラッカーも赤ちゃんサイズ。
隣で吐いていた船酔客2人は「ゲロが風で飛んでくるからあっち行け」と中乗りに言われ、這うようにして左舷へ。
マサコ:「もう何も吐くもの無いのにゲーゲーして可哀想。どうなっちゃうんでしょうね?」
RJ:「そのうち体が裏返るんだ」
マサコ:「あぁ、タコみたいに(爆)」
ランタンと良型イングリッシュマンを立て続けに釣ったインド人客だけが目立つ中、10:30にあえなく強風早上がりとなった。
翌日に予約していた船も強風出船中止。お土産が全然足りないので、お魚屋さんに行って冷凍イセエビ買ったのす(爆)。

まあ、週のうち4日ぐらいは出船不能なほど荒れるので仕方ない。風は必ず北東か南西、即ち海岸線に沿った向きで吹く。
また湾という地形が無い。結果、全く風裏とか逃げ場が無いというのが当地の悲しいところ。
人を拒んで魚を護るという海神の意志だろうか?マサコさん、女神ならそこんとこ何とかしてちょ!
fish : Slinger, Black Mussel Cracker
place : Shelly Beach, KZN, RSA

2016年2月9日火曜日

シェリービーチでジギング不振

沖釣りが初めてという日本人Iさん・Sさんと一緒にシェリービーチから出港した前日は潮が緩んでディープラインに行けたのでキレンコ爆釣・ハタ大型バラシだったとか。朝一から潮流を計って見ると今日も緩く、「トローリング終わったらディープライン行くからね」と期待させてくれる。

さあ、トローリングのファーストヒットは3匹、他客が巻いて全てキャッチ。セカンドヒットはIさんに巻きが託された。僕のジギングにもヒット。同時に難なくキャッチしたのは62cmのキメジ。久々だしゲストにも釣れて嬉しいんだけど型がなぁ…。キメジの胃の中にはシラス、カニの幼生、カワハギの稚魚などごく小さな餌が入っていた。澄んだ海に漂っているものは何でも食べるんだろうな。その後は群れに当たらず8時頃にはボトムフィッシングに変更。期待の100mラインではなく70mのセミディープ。僕がジギング、IさんSさんが餌で狙うことにした。ファーストフォールでIさんが根掛かり、かと思ったら動き出して、ハタとジョブフィッシュの一荷だ。「降ろしてすぐに釣れるとは!」とIさんご機嫌。他客が60cm超のハタや鯛をドッカーンと釣る。負けじとIさんも良型を掛けてファイト。ブッチーン、とサメにやられてしまった。僕のジギングはワンピッチでは全くアタリなし。インチクではホワイトエッジハタを1匹。そしてついに今日イチのハタを掛けた。サメが来るのを恐れてぐいぐい巻くが、来た~サメさん、勘弁してよ。魚もインクチも一緒にロスト(泣)。

次はプロテアバンクという大きな岩礁の周りだ。船頭が「Ray、ここはキハダもスマもカンパチもいるからジギング頑張れ」という。55mで釣りやすいが当たらんね。隣のボートでは2人のジガーがしゃくっていたが諦めてどっか行った。ついに何かが中層でヒットしたが噛み切られてしまった。サワラだろう。釣った赤エソにもう諦めろと言われたような気がして終了。Iさんは毎回のように魚を掛けるが、なぜか鯛に見放され、カワハギ・フエフキ・メイチなど五目状態。ようやく来たスリンガー良型一荷に「やっと鯛が釣れた」とご満悦なIさん。一方Sさんは意識を失うほどの船酔い、陸に上がってからも何も食べられず「まだ揺れてます」というやられっぷり。凪だったんだけどな。初めての2人には新鮮な体験だった模様。良しとしよう。