2017年1月30日月曜日

ロッキーベイで遅刻しといて竿頭

朝5:00集合なのに目覚めたら5:15!キャプテン・ウィカスに電話すると、待ってるから来いと。6:00に港に着いて同船者に謝って何とか乗せてもらう。久々に同行する会社の同僚のニシュカー君もおかんむり。はぁ~、迷惑かけちゃったよ。

出発が遅れたせいか、トローリングは沈黙、80mラインに行ってボトムフィッシングに変更だ。客は僕を入れて6人で、席がちょっと狭い。ヒラマサ14号を3本フロロ12号で結んだ胴突仕掛をいつも使っているが、この日は上下にワームバケを付けた小さなアジ針を追加で結んだ。餌となるサンドソルジャーを釣るためだ。小魚を確保しながら切身を作って身餌で釣るわけ。 艫の風下側に座ったのでラインが船外機の下に入って釣りにくい。それでもキレンコやヒメジの良型が釣れ続けた。10時頃、キレンコ・キレンコ・ハタと一荷で釣ったのだが、何と58cmのホワイトエッジ・ロックコッドはワームバケの小針に食っていた。船頭・中乗りを含めた全員が狙いまくって釣れなかったこの旨いハタを餌魚用のサビキ針で釣っちゃって申し訳ない(笑)。

クーラーも十分一杯になったので、ジギングで一発を狙うことにした。ゼスタ・ニトロ200gのワンピッチで底中心にしゃくる。少し上でキューンとヒット。浮いてきたのはカンパチかと思ったがハガツオ64cmだった。食味最高、良いではないか。その後は潮と風が変わって釣りにくくなり12時に納竿した。 遅刻して人を待たせといてガッツリ釣っちゃったよ、調子悪いね。家に帰って極上のハガツオ刺身を食べながら反省、反省。

fish : Trollie, White-edged Rockcod, Goatfish, Sada-sada
place: Rocky bay, KZN, RSA