2017年1月22日日曜日

ロッキーベイでハタ連打

初釣りのシェリービーチで惨敗したジギングを封印し、この日は餌釣りで攻めることにした。まずサンドソルジャーという小型の鯛を釣り、下ろして身餌で狙う。水深70mから80mで潮も緩く、良型の鯛やハタに期待だ。

30cmほどのキレンコをボツボツ釣っていると、軽快な引きで48cmのソルジャーが来た。次は小さなあたりから重い引きに変わった。待望のホワイトエッジ・ロックコッド66cm。最高に旨いハタだ。そして同種のハタ60cmを連発。たまらんw。隣に座っているコーバスが羨ましそう。彼は南の方でリン酸肥料会社を経営していて、二日掛かりで運転してここまで来たそうだ。 仕掛けを下ろせばほぼ毎回アタリがあって、大抵キレンコが掛かるが小型が多い。珍しい所ではキントキの仲間のクルマダイ33cmが釣れた。当地ではファイヤーマンと呼ぶ。目がでかい!
家に帰って釣果を味わえば、鯛そのまんま安定のソルジャー、脂滴り旨味満点のハタ、味は濃いけどゴムのように固いクルマダイと個性いろいろ。ありがたく頂いた。当分魚料理で正月太り解消だね。

fish : Fireman, Trollie, White Edged Rockcod, Soldier
place : Rocky Bay, KZN, RSA