2017年2月25日土曜日

ロッキーベイ怪しい

ロッキーベイのキャプテン・ウイカスのボートで出た。前日は良型ハタ4匹と好調だった模様。まずは水深50mで試し、潮が緩いと見るや水深90mに進出、これはチャンスとジギングに気合が入る。
キャプテンが4kgのハタを釣ったのに、僕のジギングには30cm前後のキレンコがまばらに来るだけ。他のインド人客がデカいのを掛けてキャプテンに叱咤激励されながら上げたのは10kgの某幻の鯛(完全保護魚種につき画像掲載さえできません)。びっくりだ。この世に存在するんだね。次にまた別のインド人客が掛けたのは猛烈に引いいてる。そのうち魚が水面を割って大ジャンプ。マーリンだ!餌釣りで針にかかった魚を食ったのだろう。キャプテンはマーリンを追って船を進め間を詰めていったが、3回の大ジャンプの後リーダーが切れた。

この日は無風ベタ凪で、キャプテンは「パラダイス!」「ビューティフル!」を繰り返し、暑くなると海に飛び込んで体を冷やしていた。ところが昼に怪しい雲が現れると急に風が強まり、片付けもそこそこに緊急退却。波をバンバン被ってパンツまでびしょ濡れで戻った。

結局僕はキレンコ15匹ほどの貧果。帰り道のガソリンスタンドでガンジーの子孫を名乗る怪しいインド人に「取引きしよう」と絡まれた。そこでガバっとクーラーを空けて「これ全部上げる」とキレンコを放出、喜んだインド人が小躍りしている間に脱出した。何か危なかったわ。結局手ぶらで帰った何とも言えない一日。