2017年2月14日火曜日

人間の証明のテーマ/ジョー山中 vs 想像されたウエスタンのテーマ/マウンテン

両曲がすごく似てるんだけど。題まで似てるし。
「人間の証明のテーマ」は1977年の映画の主題歌で映画にも出演したジョー山中の渾身のボーカルが強烈だ。作曲はあのルパンの大野雄二。 全部英語の歌詞だが「Mama, do you remember♪」で始まる親しみやすいメロディーが、切なく張り裂けそうなところまで盛り上がり、すっと戻る。見事な歌だ。
人間の証明のテーマ

一方の「想像されたウエスタンのテーマ」は、1971年のアメリカンロックの名盤、マウンテンの「Climbing!」のが有名。google機械翻訳でも使ったのかと思うようなふざけた邦題だが、元題がTheme for an imaginary westernだから「遥かなる西部のテーマ」のような感じだろうか。 作曲はジャック・ブルースだ。イギリス人。クリームのリーダーでベーシスト。そしてこの曲で繊細なボーカルを聴かせるのがフェリックス・パパラルディ。彼がクリームの名プロデューサーだった繋がりだね、多分。 アルバムClimbing!は力強い曲と優しい曲が交互に並ぶが、これは2曲目に鎮座していてフェリックスの歌上手すぎ、レスリーのギター格好良すぎで今も色々な人に歌い継がれる名曲。
Theme For An Imaginary Western

調べてみると、1975年にジョー山中とフェリックス・パパラルディは日本で共演していて、その時にジョーは「ウエスタン」を歌っていたのだ。 ジョー山中が見事に歌った名曲ウエスタン「みたいな感じで」映画の主題歌を書いてほしいと大野雄二にオファーがあったんではないかな?もう40年も前のことだから確かめようもないが。 盗作じゃなくてオマージュなんだけれど、こうやって歌と歌のつながりを追いかけていくのは面白いね。
最近ではBabymetalのNO RAIN NO RAINBOWはX JapanのEndless Rainのオマージュで、Endless RainはCinderellaのDon't Know What You Gotのオマージュというのがある。 才気あふれた作品は、その精神が尊敬を以て(一部パクってw)引き継がれるのだ。こういうのをカラオケで時代順に続けて歌いたい(爆)